インプラントと入れ歯の違い~歯医者に通って改善しよう~

歯を失った人に最適な治療方法

食事を楽しんだり会話をする上でも重要な役割をする歯。歯がないと食事をするのも大変で、会話をする時も聞き取りにくいしゃべり方になることもあります。歯を失った人から今注目をされている治療方法の一つにインプラント治療があります。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントとは

インプラントは顎骨内にインプラントを埋め込み、それを軸にかぶせ物をします。そのためにはまず、あごの骨にインプラントの土台を埋入するための外科的手術をうける必要があります。

入れ歯とは

入れ歯を入れるとき、特にインプラントのように外科的手術を行うというわけではありません。脱着可能な歯なので、他の歯と同じように歯ブラシでお手入れが必要になります。

歯の治療方法に悩んでいる人は悩みに合わせて情報を集める

歯の治療方法はインターネットで検索をかけるとたくさんヒットします。まずは自分に合った方法の治療を見つけ、歯医者さんへ受診しましょう。

歯科を受診する前に読んでおこう

院内

一般歯科と予防歯科

歯医者さんには一般歯科と予防歯科があります。虫歯を治療するのが一般歯科、歯周病の予防や改善をするのが予防歯科です。

もっと詳しく
医療器具

矯正歯科で体の不調を改善

噛み合わせを改善する矯正歯科、歯を矯正することでかみ合わせが良くなり、肩こりの改善や歯の寿命を延ばします。

もっと詳しく

西新宿で歯医者を受診しよう

インプラント治療を行なっている歯医者で審美性を高める

歯型

インプラント治療の大切さ

食べ物をしっかりと噛む人は、唾液の分泌が盛んになり虫歯予防や若返りホルモンの分泌が盛んになります。しかし加齢とともに唾液の分泌量は低下し、唾液中のバチロンという成分の分泌が少なくなってしまいます。インプラント治療をする事は、物をしっかりとよく噛んで食べることができる為、歯がなくて困っている人はインプラント治療をしてはいかがでしょうか。

歯

治療を受けることで得られるメリット

入れ歯が噛みづらい、発音や発生が不便で口腔内が臭う入れ歯と違い、インプラントは骨にネジを埋め込み、入れ歯を維持装置で固定します。固定することで入れ歯が動かないため硬いものもよく噛んで食べられます。抜けた歯のところにもインプラントを入れることが出来るのでまるで自分の歯のように噛むことが出来ます。

戸塚の歯科医院で審美治療

[PR]
上野で人気な歯医者さん
最寄り駅から徒歩5分の好立地♪

歯が抜けた状態のまま放置してしまうと生じるリスク

治療

汚れが溜まりやすくなります

抜けた歯の両隣の歯が、抜けた方向に倒れていきます。歯ブラシではなかなか汚れた部分に届きにくくなってしまうので、プラークが溜まりやすくなってしまいます。

歯周病や虫歯になります

プラークをそのままにすると、歯茎に炎症が起こってしまい、歯周病の原因になったり歯が溶けて虫歯の原因になってしまいます。またプラークがそのままだと口臭の原因にもなります。

歯が伸びてくる

歯を失うと、それまでかみ合っていた歯が抜けたスペースに伸びて出てくるといった現象が起こります。歯の数が減る事で残っている歯がかむ力を受け止める為、残っている歯の寿命も縮めてしまうことになります。

肩こりや顎の関節痛の原因に

ただしい噛み合わせのバランスが崩れてしまうと、顎関節症や痛み、肩こりの原因になってしまいます。抜けた歯にインプラントを入れることは、こういった身体の不調を改善する事にも繋がります。

老けて見える原因にも

歯が抜けて時間がたってしまうと、歯肉が痩せてしまうので頬がこけてしまったり、あごが弛んで見えてしまうので実年齢よりも老けて見えてしまう事があります。

広告募集中