HOME>トピックス>歯科による治療内容の違いをチェックしておこう

歯科で受けられる治療には種類がある

歯科で受けられる治療は、虫歯や歯周病、顎関節症にケガ、粘膜の異変や腫瘍に奇形です。

一般歯科と予防歯科「治療内容の違い」

一般歯科の治療内容とは

一般歯科とは虫歯、歯周病といった口内トラブルを主に治療することができる場所になっています。また、基本的に一般歯科は保険適用で治療をすることが出来ます。

予防歯科の治療内容とは

予防歯科とは虫歯などの口内トラブルを事前に予防することを目的とした治療や指導を行なっています。患者さんの病気に応じた治療を行い、健康な口腔内に導くことが予防歯科の目的です。

歯科での治療内容を確認

歯科医によっては推奨している治療内容が異なる事があります。どういった治療方法で進めていくのかきちんと治療前に確認をしましょう。

歯科で行なっている治療の種類

歯型

虫歯を削って治療します

軽度の虫歯の場合、虫歯になった歯を削って陶器やプラスチック、金属と言った種類の中から患者さんに合わせた詰め物を詰めていきます。

歯の神経をとってしまう治療

虫歯の歯の痛みがひどく、冷たいものだけではなく温かいものまでしみてしまう程重症な場合、歯の神経を取る治療を行います。

歯の根っこに溜まった膿を取り除く

歯の神経を取って3年以上経過すると、歯の根っこに膿が溜まってしまう事があります。痛みを伴う場合もあれば伴わない場合があるなど患者さんによっても感じ方が異なります。

臭いや病気の原因にもなる歯周病の治療

歯周病は放置すると様々な病気の原因にもなります。初期段階できちんと治療を行えば、健康な口腔内に戻すことが出来ます。

口腔内に出来てしまった腫瘍の治療

口腔内に腫瘍が出来てしまった場合、それを取り除くための治療を行います。麻酔をしっかりかけてからメスで腫瘍を切除するので治療中は痛みはありません。

歯科による治療内容の違いをチェックしておこう

院内

口腔内の症状&悩みに合わせて歯科を選ぼう

口腔内の状態はどうか、痛みがあったり臭いが気になる、歯を健康な状態にしたい。口腔内の症状や悩みに合わせて歯科を選びましょう。

どんな時に症状を感じるか自分で覚えておこう

冷たいものや温かいものを飲んだときに痛みはあるか、臭いが気になったり腫瘍がどの辺にいつ頃から出来てしまったのか。自分でわかる範囲でいいので、自覚症状をきちんと伝えられるようにしましょう。

広告募集中